初期投資はどのくらいかかる?|植毛のデメリット徹底解説

植毛に興味はあるけど、お金がないという人も多いと思います。植毛は、確かに高額です。しかし、増毛やカツラで中途半端に効果を感じるくらいならば、ある程度投資して植毛をすることをおすすめします。

植毛にはどのくらいの費用が必要なのでしょうか? ここでは自毛植毛の費用について解説します。

 
費用についてもっと徹底的に知りたい方はこちらを参照下さい。
植毛の値段について|平均的な金額と治療費が高額になる理由


植毛にかかる金額

植毛するのに、どのくらいの金額を投資すれば良いのでしょうか?

100グラフト(髪の毛約200本)を移植するときの、主なクリニックの料金表を比較してみましょう。

 

FUT法(皮膚の切除あり) FUE法(皮膚の切除なし)

A社 280,000円        320,000円

B社 180,000円        280,000円

C社 320,000円        320,000円

 

男性に多いM字ハゲや生え際の後退を改善するには、大体100~1000グラフト(髪の毛約200~2000本)が必要と言われています。

 

上記の表を参考にした場合、100~1000グラフトと考えると、20万~120万円程度の費用を用意しておいたほうがいいかもしれません。1000グラフトで約20平方センチメートルをカバーできるといわれています。

 

ほかの治療法との比較

植毛はお金がかかるからと、ほかの治療法に目を向けている人もいると思います。植毛とほかの治療法にはどれだけ金額差が出るのでしょうか。検証してきたいと思います。

 

1.AGA(男性型脱毛症)治療

AGA治療とは、プロペシア(男性型脱毛症用の薬)で薄毛の進行を食い止め、毛母細胞を活性化させ、生活習慣を変えたり頭皮ケアをしたりしながら、発毛環境を整える治療法です。AGA治療には、AGAの進行を遅らせられるというメリットがありますが、必ず全員の髪の毛が生えてくるわけではありません。なかには「試したけど、効果を感じられなかった」という人もいます。また完治するという感覚はなく、永久に治療を続ける必要があります。

 

仮に月3万円のAGA治療を10年間したとしたら、

 

3万円×12カ月×10年=360万円

 

の費用がかかってしまいます。これだけ支払っても、継続しなければ、効果は維持できません。

といっても、AGA治療の費用はピンキリで、クリニックによっても異なります。また早ければ半年程度で効果を実感する人もいるため、その場合はAGA治療のほうが得になる可能性があります。

 

2.カツラ

薄毛に悩み、カツラを作ろうという方も多いと思います。

一般的に、オーダーメイドでカツラを作った場合の金額は60万~100万円。

毎日使用するため、スペアとして、2~3枚作る人も多いです。

 

実はカツラは購入して終わりではなく、メンテナンス費用もかかります。

自毛が伸びた分、専属の美容師さんがバランスを見てカットしてくれるため、毎月5千~1万円ぐらいの負担が生じます。

 

3.増毛

アデランスやアートネイチャーなど大手企業が並ぶ、増毛業界。増毛も会社や本数によって、5万~90万円程度と幅があるようです。アデランスのように本数で値段が決まるところもあれば、初期費用とメンテナンス費用を別々に請求する会社もあります。

増毛も人によって、効果は様々。そのため、料金設定もあいまいな傾向にあります。

 

4.育毛

育毛といえば、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメントなどの活用・摂取が頭に浮かぶかもしれません。これらのアイテムを利用するだけでしたら、品数にもよりますが、月額3万円もあれば十分ではないでしょうか。

 

また育毛サロンに通う人もいますが、育毛サロンの場合、年間施術料として50万~200万円ほどかかることがほとんどです。

ただし、どれだけ大金を費やしても必ず効果が出るとは限りません。これは育毛アイテム、育毛サロンのどちらも同じです。


植毛は金額も高いが、その分効果も高い!

いかがでしたでしょうか。植毛にかかる金額だけを見たら、高額と感じるかもしれませんが、ほかの治療法や効果の確実さを比較してみたらそれほどではないかもしれません。植毛の最大のメリットは、必ず効果を実感できること。その点を踏まえた上で、実行するかどうかを判断してくださいね。